2015年01月

Transistor

続きを読む以降はネタバレあり
謎の剣トランジスターを引き抜き、トランジスターと共に未来風の都市クラウドバンクを舞台に謎を追うアクション+ストラテジーRPGゲーム。



トレイラー見てビジュアルと音楽にグッときた。
追い打ちのように友達におすすめされたので購入。
同じようにトレイラー見てこれは!と思ったらおすすめ。

音楽、サウンド、アートワークとUIデザイン含めて、解釈の余地がたくさんある朧気なSFストーリーと世界観にマッチしている点が非常に素晴らしい。

ゲーム性はターン()という能力をを駆使して戦うのがユニーク。
ターン()を使うと無制限に時間が停止して、そこで行動を予約しておいてあとで高速で再生する仕組み。ターン()中の行動はコストがあってやりたい放題できるわけではない。ターン()自体にクールダウンがあるのでこちらも使いどこを探って発動する感じ。

アクションできないこともないけど、プレイヤーのアクションスキルが活かしにくくて実質的にはストラテジーゲームになってる。見た目ハクスラっぽいけど全然ちがうので注意。

ゲームがはじまってロードが終わったらいきなりオープンニングはじまって、セーブもロードもない没入感高い作りになっている。チュートリアルが殆ど無くて、謎が多い世界観と相まって最初はかなりとっつきにくい印象あるけども、わかってくると断然楽しくなってくる。

ファンクションと呼ばれるスキルをレベルアップで選べて、ファンクション一つでアクティブ、パッシブ、アップグレードのどれかにスロットをはめるかで効果が変わる。組み合わせパターンは結構多いので、スキルビルドも楽しみの一つ。

私はロードをパッシブに入れて定期的に爆破セル生成して、クラッシュにゲット付けて引き寄せ敵もろとも爆破するのが好き。背後取ると奇襲扱いでダメージ増えたり、クラッシュ起点にするとコンボになったりする要素もある。

エフェクトがきれいで、効果音やヒット時にちゃんとカメラシェイクあるのできれいに決まると爽快感があるのもいい。

リミッターという要素もあって、これを使うと敵が強くなったり、自分に制限がかかる代わりにもらえる経験値があがる。引き返せない&固定エンカウントなので、先取りしてレベルアップできるけど、
制限のわりにあんまり経験値アップが美味しくないので攻略には全くなくても使わなくてもOK。

Tabキーで鼻歌を歌う。BGMにあわせて歌うのでずっと聞いていたくなる。
2015-01-06_00007

一周のボリュームは8時間ぐらい。
自分はプレイ密度重視してるのでこれぐらいが飽きなくて最適。
2週目はレベル引き継ぎ、敵が強くなるので戦闘は二周目のが楽しい。



こっから先はネタバレありのストーリーや世界観の自分なりの解釈




続きを読む

はじめに

こんにちは、tktkです。

スカイリムのブログもあるんですが、スカイリム以外のことはこちらで書きます。
映画とか本とかゲームの感想とか思いつきとか書き溜めておこうかなと。UE4とかの話もこちらで。

ツイッターでアレコレ垂れ流したりするんですが、やっぱりまとまった文章書きたいことがあったり、もしくはネタバレ考慮して言いたいこと言えないこともあるので。
その点ブログはやりやすいです。やはり。

プライバシーポリシー/免責事項

プライバシーポリシー

当ブログに掲載されている広告について

当ブログでは、livedoorのブログサービス内での広告を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当ブログが使用しているアクセス解析ツールについて

当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。

免責事項

コンテンツについて

当ブログに掲載している情報については充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性や安全性について、一切保障するものではありません。当ブログの利用で起きたいかなる結果についても一切責任を負わないものとします。

著作権について

当ブログのコンテンツの著作権は原則として当ブログ記事作成者(tktk)に帰属しますが、掲載している画像等の著作物の諸権利は権利者に帰属します。
スポンサーサイト