「君は望みを果たせたか」
「果たせた」
「何を望んだ?」
「みんなに愛されること」
― レイモンド・カーヴァー(劇中劇『愛について語るときに我々の語ること』より)

バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)という映画を見た。
映画の冒頭にこの引用が入る。
前半はあらすじ風な解釈、続き以降は結末のネタバレと雑感

20年前に映画バードマンで一世を風靡した俳優リーガン、役者として落ちぶれ、バードマンの幻聴が聞こえ、妻とは離婚し、子どもはヤク中、再起をかけて自費でレイモンド・カーヴァーの舞台をするが…。

街に繰り出すとバードマンだと言われ、子どもを持つおばちゃんには写真を求められ、子どもは全然分からずに哀愁漂う。バードマンは愛されるけど、役者リーガンとしては誰も愛してくれない。

過去の栄光は断ち切ってちゃんと役者として見てもらいたい。グレた娘にちゃんと尊敬されたい。
そういうエゴむき出しでお金使って脚本演出主演までやって、舞台に挑む。

そういう映画人のエゴイズムにホトホト呆れて大嫌いな評論家。ロングランか打ち切りかはこの人の評価次第。
芸術である劇になんと失礼なことか。

自我のバードマンが囁く。こんなくだらない芝居しないでまた映画やればいいじゃないかと。

プレビュー公演では相手役で代役として投入された才能あるマイクに話題は持っていかれ散々、お芝居ではなくて、自身のハプニングをYoutubeで流されそっちのほうがウケている仕舞い。

人に忘れれられる悲しさや恐怖。認められたい思い。
承認欲求を満たしたい。
でもお前に意味は無いのだ。お前の人生などすぐに忘れさられるちっぽけなものだ。
メディアで刹那的に消費される世界なのだ。

バードマンがいよいよ実体化して言う。
派手にやってやろう、客はそういうのが好きなんだ。

そう思ったら空も飛べる。そう俺がバードマンなんだ。
続きを読む