ゲーム

The Stanley Parable

20161225025245_1

「スタンリーは開いているドアが2つある場所に来ました。 そして彼は左のドアに入りました。」
さて、これを聞いて君ならどうする? 左に行くのか、右に行くのか。そういうアドベンチャーゲームだ。

「ユーモアに溢れウィットに富んだストーリー、予想を斜め上にいく展開、高い自由度にマルチエンディング…君の望んでいるゲームがここにある。このゲームの面白さをネタバレなしに書くのは困難なものだ。クリスマスセールで今ならたった296円だ。」

The Stanley Parable


「…まだ買ってないって。低スペックでも遊べるし、ゲームが下手でもできる。おまけに日本語化もあるから安心だ。」
「moonのメタストーリーが好きならきっと気にいるはずだ。」




「以降の話はネタバレなんだ。君はプレイしてから読むことにした。」

続きを読む

Fallout4 サバイバルガイド 中盤~終盤

服強化後はかなり楽になるが、DLC各種はかなり難度を誇るのでまだまだやりがいがある。

ScreenShot34
やたらかっこいいヌカコーラ中毒者

続きを読む

Fallout4 サバイバルガイド 序盤

コルベガ組立工場以降の話。
コルベガまでが一番難しくて面白い山だとしても、まだまだ気が抜けない段階。
ScreenShot10
犬神家のスワン

続きを読む

Fallout4 サバイバルガイド 最序盤

FO4

新サバイバル難易度の攻略。
別のゲームというか、ベセスダはこれがやりたかったのかと思うぐらい面白い。
参考になれば。
続きを読む

Bioshock2 Remastered 設定変更

傑作Bioshockシリーズがセットになって登場しました。
http://store.steampowered.com/sub/127633/

1と2はリマスターされましたが、最適化が雑な印象でクラッシュやカクつきなど報告が多数上がってます。これはそのうち修正されると思いますし、未プレイの方は通常版が付属するのでそっちで遊んだほうがいいでしょう。

2のリマスターで遊んでいるのですが、常時そこまで重くなんですが、結構な頻度でゲームに支障が出るレベルで落ち込んでカクつきます。
2のインゲームでのグラフィック設定は解像度、アンチエイリアス、異方性フィルタリングぐらいしかないので設定ファイルを弄ってみます。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\BioshockHD\Bioshock2\Bioshock2SP.ini
ユーザー名は自分のPCでの名前、Appdataは隠しフォルダなので、直接パス入力しましょう。
これが設定ファイルです。

[Engine.RenderConfig]
HDRSceneExpBias=-3
MaxSkeletalProjectorsPerActor=6
OffsetSkeletalProjectorRearFrustrumPlane=10.000000
UseSoftwareAntiAliasing=True
EdgeDetectCutoff=0.002000
EdgeBlurSize=0.500000
StreamingVisibleWeight=10.000000
StreamingDiffuseWeight=1.000000
StreamingBSPWeight=1.000000
StreamingEmissiveWeight=7.000000
StreamingLightmapWeight=5.000000
StreamingNormalmapWeight=4.000000
StreamingDynamicLoadedWeight=10.000000
StreamingDistanceScale=1000.000000
HighDetailShaders=True
Shadows=True
RealTimeReflection=True
PostProcessing=True
HardwareOcclusion=True
UseRippleSystem=True
UseSpecCubeMap=True
UseDistortion=True
HorizontalFOVLock=True
HorizontalFOVLockPS4=True;
HorizontalFOVLockXB1=True;
LevelOfAnisotropy=4
UseVSync = True;
UseFxaa = True;
UseMultithreadedRendering = False;
EnableStereoVision=False
ForceGlobalLighting=False
CascadingWaterSimulationVelocity=10.000000
UseHighDetailPostProcEffects=True
BloomStar=True
UseHighDetailSoftParticles=True
UseMultithreading=True
DisableExtraAntiPortalClip=True
TextureDetail=High
FluidSurfaceDetail=High
DynamicShadowDetail=High
TextureStreamingMemoryLimit=512.000000
TextureStreamingDistanceLimit=30000.000000
UseMultithreadedRendering=0
UseVSync=1
UseFxaa=0


UseHighDetailPostProcEffects=False
UseHighDetailSoftParticles=False
DynamicShadowDetail=Low
RealTimeReflection=False
でかなり軽くなりますが、やっぱりカクつきますし、更新待つか、旧版で遊んだほうがいいかも…
旧版でもかなりグラフィックきれいなので。

オートエイムを切る
射撃の自動補正です。マウス・キーボードだと人によっては不要。
[ShockGame.ShockUserSettings]のAutoAim=TrueをAutoAim=Falseに。

FOV変更
視野角の広さの変更です。
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\BioshockHD\Bioshock2\
User.ini

を開きます。
[Engine.Input]の
Aliases[58]=(Command="SetFOV 90",Alias=fov)
追記。CommandのSetFOV 数値が画角。
その下のデフォルトはキー設定ですので、空いたキーに設定します。
例ではF9。
[Default]
F9=fov
ゲーム内でF9キーを押すことでFOVが指定の数値に変更されます。

スポンサーサイト